働く女性の身だしなみ

服装はきちんとしましょう!

オシャレ染めに何を使うか

髪の色で女性の印象はかなり違ってきます。
特に白髪が出始めるころには、カラーリングをしたり気をつかうところが増えてきます。
最近ではカラーリング剤もいろいろなものが増えてきました。
昔からある「カラーリング剤」はそのまま、白髪を染める効果が高いものです。
効果が高い分、髪の痛みが気になることもあります。
白髪を染めるのが一番の目的ですから、色もさほど種類はありません。
最近人気があるのが「カラートリートメント」です。
髪を傷めずにカラーリングが出来るそうです。色の種類も豊富で、お気に入りの色を見つけるのも簡単です。
ただ髪を傷めないためか、白髪染めとしては少し時間がかかるものが多いようです。
珍しいところとしては、毎日の「シャンプー」をしながら白髪を染めることが出来るものもあります。
髪に優しい成分が入っているので、髪も元気になると人気のようです。
他にも薬剤を塗って、「日に当たると白髪が染まる」、といったものもあります。
洗濯物やガーデニングをする前に塗って、白髪染めが出来るのはなんとも合理的です。この商品は太陽の光だけでなく、蛍光灯の光でも染まるそうなので、室内でも利用できます。
「生え際」の気になる白髪を隠したいときにだけ、簡単に使える小さな髪染めもあります。マスカラのようにコンパクトで、ブラシで気になるところを撫でつけるだけで良いようです。
白髪ではなく、髪の色を変えたい人のために「ヘアーマニキュア」があります。これは髪を傷めることなく、髪をコーティングするので色がつくのと同時にツルツルした手触りになります。
いろいろなカラーリングがありますが、職場や職種によって髪の色には気を付けなくてはいけません。
IT関連などは比較的自由なところが多いのですが、看護師など医療関係ではあまり明るい色だと注意を受けることが多いでしょう。
どうしてもオシャレがしたい看護師の場合、美容外科に転職すると自由が利くかもしれません。

Info & Utils

Published in 土曜日, 10月 4th, 2014, at 10:24 午前, and filed under .

Do it youself: Digg it!Save on del.icio.usMake a trackback.

Comments are closed.

働く女性の身だしなみ © 2014. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.